ぼっちなエースをリードしたいネタバレ[2話]キャッチボール大作戦

今回の記事では水森崇史さん作、
「ぼっちなエースをリードしたい」
2話について紹介させて頂きます!

あらすじ内容やネタバレ、
感想/考察や結末予想は実際に漫画を
読まれた方のアンケートを元しております!

「さっさと漫画を無料で読みたい!」
という方は後半に記載している
漫画を無料で読む方法」
チェックしてみてください!

ぼっちなエースをリードしたい(漫画)2話あらすじ内容/ネタバレ

「ともだちを作ろう」

キャッチボールの相手を見つけよう

親の転勤で埼玉の月見高校に転校に転校してきた
主人公犬井山南央君は目標があります。

それは甲子園に行くことです。

そしてそれには怪物投手と呼ばれている
宇佐木北斗君の力がいるのです。

しかし彼はメンタルが弱すぎる
という弱点があります。

南央君はその弱点を克服させる為に
北斗君の友達作りを手伝う事になりました。

まず南央君は北斗君に
毎日キャッチボールの相手を
代える様に提案します。

その提案に北斗は衝撃を受けます

キャッチボールは
大体最初に組んだ相手か
仲の良い友人同士等、
毎日同じ相手とするよう
ペアか組まれるのが常です。

キャッチボールの相手を変えることで、
ペアを引き抜かれた人や、
普段北斗くんのキャッチボール相手
をしてくれている人から不評を買ってしまい、
最終的にはみんなに嫌われてしまうのでは
ないかと考えすぎてしまう北斗君ですが、
南央君に、
友達なんてすぐにできると説得されます。

キャッチボールの相手探しは難しい

翌日キャッチボールの時間に
北斗君は緊張で顔が強張ってしまい、
後輩から
機嫌が悪そうだから
近づかないほうがいいと避けられます。

しかし、南央君の
先輩は誤解されやすい顔をしているから、
笑顔で自分から話しかけて下さい
という助言を思い出し後輩に笑顔で、

キャッチボール

と話しかけますが
怖い顔のままなので後輩は、
北斗君が怒っていると曲解してしまい、
後輩同士でキャッチボールをしてしまいます。

後輩をキャッチボールに
誘うことに失敗した北斗君ですが
南央君は次の手を用意しておきました。

話しかけれないのなら、
向こうから話しかけてくる相手を用意すればいい
と言う事で北斗君に声をかけてきたのが、
2年生の軽井沢上彦君です。

彼はそのあまりの軽さで
周りをイラつかせる鬱陶しさの塊

結果ついたあだ名がウェイ彦という男です。

ウェイ彦君はウェイウェイ言いながら
北斗君にグイグイ絡んできます。

それを見ている後輩は
うるさいとイラッときますが、
かまってもらえて嬉しい北斗君は
まんざらでもないようです。

ウェイ彦君は北斗君に、
遠慮せず全力で投げるように言います。

それを聞いて嬉しくなった北斗君は、
全力でボールを投げますが
150キロを超える速さのボールを
捕れる訳もなく
ウェイ彦君の顔面に直撃します。

後輩達は
北斗君がウェイ彦君がウザかったから
キレたと勘違いしています。

結果キャッチボール相手を
見つけれなかった北斗君は
校舎裏で体育座りで落ち込みます。

そこに南央君がフォローに来て、
終わったこと気にしても仕方がないし、
大体友達欲しくて野球をやってる
わけじゃないでしょうと言います。

それに対して北斗君は純粋な目を向けて、
犬井山は違うのかと聞きますが、
南央君の目的は甲子園に行く事で
それが当たり前だと答えます。

北斗君は
最初に野球に誘ってくれた人がいて
友達がいなかったから
その人と野球する事だけが楽しみで、
その人と一緒に野球やりたくて
上手くなろうと思ったんだと言いました。

それを聞いた南央君は
前の学校で甲子園で再会しようと約束した
友達の事を思い出し北斗君に共感します。

南央君は北斗君に
練習に戻ってキャッチボールをしよう、
一応先輩の友達候補で
北斗君のボールを捕れるのは
俺しかいないから仕方ないでしょう
と誘います。

それに対して
後輩と友達ってダサく見られないかなと
気にしながらも嬉しそうな北斗くんでした。

ぼっちなエースをリードしたい2話(コミック)感想/考察/結末予想

キャッチボールに限らず
学生時代のいつも一緒に何かを
やっている相手を変えるのって
意外とハードル高いと思うので
北斗君よく頑張ったなあと思いました。

ウェイ彦君みたいな無駄にテンション高い人は
クラスに一人はいてあんな感じで絡んできたら
確かに鬱陶しいなあと思います。

北斗君が少し心を開いたので
南央君との距離が少し縮まった所が
今回の見所です。

今後の展開は
キャッチボールの相手を探そう作戦
は失敗してしまったので、
次は練習後にコミュニケーションを取る
作戦をするのではないでしょうか。

マンガワンのダウンロードはコチラから!
↓↓↓
毎日無料で読める!小学館のオリジナル漫画【マンガワン】

ぼっちなエースをリードしたい(漫画)2話を無料で読む方法


「ぼっちなエースをリードしたい」は
「マンガワン」で限定公開されています。

「マンガワン」とは小学館によって
公式で運営されている無料で漫画が読めるアプリです。

1日8話までと、制限はありますが
どの漫画も基本的に無料で読むことが出来ます。

マンガワンのアプリダウンロードするだけ
アプリ内の漫画はどれも1話〜最初の数話ライフを消費することなく
完全無料で読むことができます!

無料で読めるアイテムライフ」

最初の1話〜数話以降のお話も
毎日9時21時1日2回
合計8個貰えるライフというアイテムを使えば
続きを無料で読むことが可能です!

要Check

9時から20時59分の間4個
21時から8時59分の間4個

手持ちのライフの数が4個に満たない場合は
上記の時間帯に最大4個になるように回復されます。

 

(4個以上の持っていると上記時間帯にライフは貰えません…)

ライフを1個消費することで1話読めるので、
マンガワンで公開されている漫画は
1日8話まで無料で読めるんです♫

複数の漫画を1話ずつ読むも良し!
1つの漫画をいっぺんに8話読み進めるも良し!
お好きな方法で楽しむことができます!

「SPライフ」を使えばさらに無料で!

1つの漫画をある程度読み進めていくと
ライフでは読めないお話も出てきます><

でも…安心してください…!
ライフで読むことが出来ないお話も
SPライフというアイテムを消費することで
その続きを読めるようになります!

 

SPライフの入手方法
SPライフイベントの報酬動画の視聴
そして対象となるアプリのインストール
さらにチケット購入のオマケで付いてきたりと
比較的簡単にゲットすることができます^^


アイテム消費順
上記3種類のアイテムをアプリ内の漫画を読む際に使用する
ライフ、SPライフ、チケットの3種類のアイテムには
消費される順番があります。

まず最初に消費されるのは『ライフ
次に、ライフでは読めないお話や先読みは『SPライフ
そして最後に、ショップで購入出来る『チケット』の順に消費されます。

 

動画を見たり指定アプリのダウンロードをしなくても
SPライフが貰えるイベントが開催されることもあるので
せっかくのSPライフをゲット出来る機会を逃さない為にも、
お知らせ等はこまめにチェックすることをオススメします!

お得にゲットしたアイテムを使用して
今まで読んだことのない漫画や気になっていた漫画等、
是非この機会に完全無料で楽しんでみてくださいね★

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

まとめ

「ぼっちなエースをリードしたい」
2話のネタバレやあらすじ、
実際に読まれた方の感想や考察、
結末予想にについてはいかがでしたか?

毎週月曜日にマンガワンで
ストーリーが更新される予定なので、
この記事を読んで漫画が気になった方は
是非一度読んでみてくださいね^^